2009年02月12日

世界基準だと日本と韓国は同等?

BFT代表  平山雅一

私事で恐縮だが、妹が嫁ぎ先のアメリカから出産休暇で日本に帰ってきた。妹はアメリカのソニーで働いており、アメリカ人と結婚している2児の母だ。久しぶりに会ったのでイロイロと話したのだが、へぇ〜と思う話題を。

2008年のアメリカのカーオブザイヤーはジェネシスという韓国車(ヒュンダイ)が受賞し、GMが2010年に発売する電気自動車のリチウムイオン電池は韓国製(LG)らしい。

ソニーは液晶テレビで韓国勢と競合関係にあり、我が妹にしてみても仕事柄、彼らの実力を熟知している(コテンパにやられてる?)ので、自動車関連の韓国勢の快挙に関しても特に驚きもないらしい。

グローバルマーケットでは、汎用品に関しては日本も韓国も同格と思ったほうがいいよと逆にアドバイスされたりして。ただプレミアムゾーンで、韓国製や中国製が席巻するのは無理だと思うとも言ってました。

例えばアメリカで高級車と言うと、ベンツ、BMW、アウディ、レクサス、インフィニティ、キャデラックのブランドをイメージするのが普通で、セレブが韓国製や中国製を「Cool!」と感じようにマーケティングを企画するのは至難の業らしい。まあ、そのあたりは日本の感覚と同じなんですね。




posted by 同志塾 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺に頼れ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。